動物病院・ペットショップ/サービスのマーケティングサポート キラリDOG コンサルティング&トレーニング | 本では教えてくれない健康関連のお話
124
archive,category,category-pethealth,category-124,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,boxed,,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.2.1,vc_responsive

本では教えてくれない健康関連のお話

ご縁あって7才から、毎月なんらかの東洋獣医のケアを受けています。鍼灸治療だけでなく、東洋獣医学の視点の体のケアは自宅で出来ることが沢山あることを学びました。だから通常の動物病院でうける治療とかち合う事が意外と少ないと感じています。 うちのワンコがハイシニアになってから月2-3で東洋獣医の先生にかかっています。つまり毎月その道のエキスパートにマンツーマンで専門知識を教えてもらっているようなものだとふと気づきました!7年間の蓄積をこのサイトに放出していこうかな・・と思っています。 病状や病気がなくてもその子の体質によって判断が変わるものも多いですが、シニアになると共通して弱ってくる事柄があります。そういったことをこれから書いていこうと思います。すべて実体験です。 ...

わんちゃんは犬種やサイズ、年齢によって寒がりかは大きく変わってきます。 一番分かりやすいのは、足のスネをやさしくさわって、あるいは肉球さわってじわっとポカポカ暖かい感じがしないなら、冷えているかもしれません。前足と比べると分かりやすいです。 寝ているときに丸まって寝ているならすでに足先はからだの下に収納されて暖まっていることも多いので腰を触って見てください。肩甲骨あたりより冷えていませんか? 震えていなくても、暖房のきいた室内でも下半身などに寒いサインは出ていることがあります。特にシニアや持病のある子は小さなサインに気づいてあげることが大切になってくると感じます。 洋服を着せると上半身も暖まってしまうので、下半身が冷えている子は腰をおおう腹巻きはオススメです。ぴったりしたものではなく、ふわっと覆うものがオススメです。...

ノミ・ダニ駆除は皆さんやってると思いましたので、下記ご参考まで・・。

9月20日付けで米国のFOOD&DRUG Administration(FDA)がイソオキサゾリン系の犬猫のノミ・マダニ駆除薬について神経性副作用が起きる可能性があることを注意喚起しました。

商品名で言うと、

あなたの犬が元気が無い時、原因の1つに貧血もあるかもしれません。血液検査をすればすぐ分かることでも、獣医さんにすぐに行けない、或いは行くかどうか迷う事もありますよね。 お家で出来る貧血チェックの一般的な方法として
無料相談で、具体的なプランまでをご覧いただけます。