動物病院・ペットショップ/サービスのマーケティングサポート キラリDOG コンサルティング&トレーニング |
0
archive,author,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,boxed,,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.2.1,vc_responsive

Author: kiraridog

  • All
  • NYシグナルドッグトレーニング
  • コンサルティング
  • シニア犬のいる生活
  • ビジネスヒント
  • ブログ
  • プロデュース
  • ホームページ
  • 未分類
  • 本では教えてくれない健康関連のお話
  • 本では教えてくれない犬のしつけ
  • 海外から

ペットシッター(飼い主さんが出来ない時に、ペットのお世話をするサービス)の場合は自分の活動エリアがありますよね。 新規のお客様を得るために、まずはちらしやHP作成、そして何より地元の獣医師やペットショップと連携するのが効果的と言われています。昨今はエリアを選んでFacebookやインスタで広告を打つことも検討してもいいですね。 でももし20万円広告に使ってもまったく依頼の電話がなかったらどうしますか?そんなことある?あったんです。以下は実話です。(私が参加している米国を中心に約2500人が登録しているクローズドのペットビジネスグループProsperous Pet Business Groupより。なので今回は写真がなくて文字中心です) サンフランシスコの郊外に住むペットシッターBethは、墨田区や府中市とおおよそ同じ人口、ゴールデンゲートブリッジを渡ればすぐのマリンカウンティを活動エリアに去年の12月にビジネスをスタートしました。グーグルAD,Facebook広告、2つの地元紙に広告を打ちましたが、5月現在も電話が一本も来ないと。行き詰ってしまった・・・と投稿しました。 するとほどなくして同じシッタービジネスをしている人が本気のアドバイスがどんどんくれたんです。 ・BethのFacebookページは良い感じだけど、投稿がほとんどないのと、内容もあまりない点を改善した方がいい。 ・BethのHPにはシッター料金表がないので、載せるべき。お客ならまず自分の予算にあうかどうか見てから連絡する。その方が自分も相手も時間の無駄にならないから。 ・地元のシッターのグループに参加すること。 これらは単に1人のシッターからのアドバイスだし、自分に当てはまらないかもと取るかどうかは本人次第。でも、上の2つはお金かけずに出来ることですよね。3つめも地元のグループならそんなに高くないんじゃないかなぁ・・と。私ならやっちゃいます! そしてなんと、同じ町でシッタービジネスをやっているPattyもBethにアドバイスをしていました。競合になるのにアドバイス?と思いますよね。でも小さいビジネスの場合特に1人でシッターやドッグウォーカーをやっていると、自分が倒れたら代わりがいない。だからバックアップが出来ない時はお互いピンチヒッターになるなどして助け合えるということで連携を取る人もいるんです。おたがい助け合いノウハウもシェアして成長できるって素敵だなぁと思いました。 同業のグループと交流をしているといろんなアイデアが得られるので良いんですよね。日本でもそんなグループがどんどん出るといいなぁと思いました。 *クローズドグループ:非公開のグループ、登録した人たちだけが投稿したり見たりできるページ。時にはそこで相談したり意見交換したりアドバイスしたりもらったり・・も。    ...

今年のインターペットも、様々な分野からペット向け商品が出展されていました。
私の犬は、子犬時代は米国でした。それはもう積極的にいろんなものとふれあう経験を積みました。音(車、電車など)、人(子供、走る人、ガードマン)、場所(動物病院、車に乗る、カフェ)、物(エレベーター、旗、ベビーカー、バイク)・・・でも何でもかんでもただ体験させるのではダメなんです。なぜならリスクがあるからです。

シニアと言えばシニアだけどまだいいか、と思っていたこと。「まだ早い、と思ってたけどやってみたら良かったな。」と思う事が色々あることに気づきました。シリーズ化しようかな。 記念すべき1つ目は、カフェマットです。 犬っていつの間にか一番ふわふわないいクッションの上やソファの上にいますよね。そんなところが犬は大好き。 お出かけの時にカフェマットを持っていく人は小型犬では多いですが、それ以外の犬たちにもシニア犬はマットを持って行ってあげると良いと思いました。うちは中型犬ですが、キルトタイプなどのやや厚めが良いと発見しました。薄いと立つときすべるし、マットでじっとしていると筋肉が落ちてきたシニアには厚みがある方がひじとかお尻クッション替わりになって良いのです。分厚すぎると足元がぐらついちゃう子もいるので、これまた色々試してみるといいかなと思います。 最近の一番のお気に入りは高反発のマット。中がエアウィーブみたいなやつですで、通気性が良いので暑い時期におすすめです。アルミボードは滑る子や痩せてるハイシニアには特にお勧めです。 *シニアって何才? 書籍に書いてあることとは違うかもしれませんが、実感として小型犬は10-12才、中型は9-11才、大型は8-10才~と感じます。 幅があるのは大病をすると早めにシニアになるように感じため。...

ご存知の方も多いかと思いますが、今年1月31日に開始された同じビタミンミックスの商品の自主回収と関連があるもので、過剰なビタミンDが原因とのことでした。 3月20日にさらに8品目を自主回収するとの発表があり、1月時点の回収対象25品目と合わせて33品目の回収が米国では行われていることになります。そして米国では現在ヒルズの缶詰で犬が体調が悪くなった、または死亡に至ったとして5つの訴訟が起こされています。(3月21日時点)信頼しているフードでこういうことが起きるとすごく不安になります。 アメリカでは三大ネットワークのNBCのサイトでも発信されるなど情報を得やすいですが、日本で扱っている大手メディアはほとんど見かけませんでした。 日本のヒルズのサイトでは公式にプレスリリースが出ています。こちらを見れば詳細がわかりますが、日本へ輸入販売されている品目で回収対象のものは20日の米国ヒルズの追加回収発表後も変更はなく、日本への影響は6製品のみと限定的だったようです。 参照元: https://www.hillspet.com/productlist https://www.petfoodindustry.com/articles/7988-hills-pet-nutrition-expands-dog-food-vitamin-d-recall https://www.hills.co.jp/productlist#topic-1...

昨年からカートを導入しました。実際はまだ必要なかったのですが、そうなる前にトレーニングを数回して教えました。 14才の反応や動きは素早くないですが、カートの乗り降りの順序を教え、カートの振動に慣れさせたりカート内で一定時間鳴いたりせずいる練習を重ねました。ハイシニアになると新しい事へ慣れる柔軟性も突如落ちてきます。しかし14才になっても新しいことを学べる子もいます。シニアになっても学べる子、そのベースにあるのがドッグトレーニングです。トレーニングは訓練ではありません。犬との意思疎通の方法を確立することがトレーニングだと私は思っています。 さて、カートの話に戻って・・ その場でポン、とカートに乗せて大丈夫な事も多いです。ではなぜトレーニングするのかと言うと、旅行などでそこに長時間いることになる場合はトレーニングをしている子とそうでない子で心身に与える負担が大きく違ってくるからです。トレーニングを通して、自発的に入る=嫌じゃない、居心地のいい場所・・・といったポジティブな気持ちを育成します。 トレーニングは動物行動学を踏まえて教えます。問題行動修正や新らしい行動を教えることに焦点が当たりがちですが、ポジティブな気持ちを育成するというメンタルの面で大きな効果を出せるのが動物行動学なのです。 今回はカートでしたが、これがハウスだったり、お出かけキャリーバック、あるいは輸送用のバリケンでも事前に練習しておくだけで、本番で快適なお出かけになります。...

無料相談で、具体的なプランまでをご覧いただけます。