動物病院・ペットショップ/サービスのマーケティングサポート キラリDOG コンサルティング&トレーニング | 犬を飛行機に乗せる前の準備は動物行動学で。
16974
post-template-default,single,single-post,postid-16974,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,boxed,,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.2.1,vc_responsive

犬を飛行機に乗せる前の準備は動物行動学で。

犬を飛行機に乗せる前の準備は動物行動学で。

犬と旅行するとき、航空会社の大半が飛行機のお腹(貨物エリアの一部)にハードケージに入れて乗せる事になります。(写真のように手荷物用のスーツケースに・・と言う訳にはもちろんいきません。)貨物室は空調機にて温度・湿度を管理されていますが、大変なエンジン音の中飼い主と離れて長時間ケージにいることはワンちゃんに大きなストレスになることは、なんとなく想像できるかと思います。

あなたのワンちゃんが日常エンジン音のような大きな音を聞いて生活していない限り、恐怖で疲れ果ててしまうでしょう。また、普段ケージを使わずマットやベッドをわんちゃんの寝床としている場合、ケージに長時間入れられると閉じ込められてパニックになる子もいます。もしワンちゃんがシニア犬であったり体力のない子ならそのせいで体調を大きく崩す可能性もあります。

では一体どうしたらいいのでしょうか。そんな時に動物行動学が役立ちます。準備期間さえあれば誰でもワンちゃんにかかる負荷を減らすことが出来ます。ポイントは音に慣らす、そしてペットクレートを好きにさせる、です。

 

好きにさせるという事は、自分でクレートに入って休憩したり寝たりするようになることです。音に慣れるという事は、音にびっくりしない、そこから逃げた出さないで落ち着けることを指します。動物行動学はワンちゃんのストレスコントロールに役立ちます。

 

参考サイト ANAJAL

※上の大きな写真は一緒に旅行について行きたいbyトイプードルのさくちゃん。



無料相談で、具体的なプランまでをご覧いただけます。