キラリDOGコンサルティング | シニア犬。夏の室内の温度管理のコツ。
16478
post-template-default,single,single-post,postid-16478,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,boxed,,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.2.1,vc_responsive

シニア犬。夏の室内の温度管理のコツ。

シニア犬。夏の室内の温度管理のコツ。

シニアになってくると下半身が冷えてきます。(下肢)特に腰から下は冷やしちゃダメなんです。

エアコンがきいている室内では、体が冷えます。犬の快適温度は22℃までですから当然エアコンは必要なのですが、毛を短くカットするのは体を不用意に冷やしてしまうので注意が必要と思います。

そこでオススメなのが腹巻をです。洋服と違ってお腹もカバーされますし、のぼせやすい子には洋服より腹巻が下半身をピンポイントで温めることができるので良いですよ。

中型犬以上は人間用の腹巻(薄手のもの)がお勧めです。小型犬はマナーベルトでも良いそうです。(いつもお世話になっている中獣医師の先生にアドバイス頂きました。)

 



無料相談で、具体的なプランまでをご覧いただけます。